Sep 23

Junior High boys tried white-water rafting

It was the students’ first time to go white-water rafting.

They learned how to hold and properly paddle, as well as work together as a team to ensure the raft turned in the correct direction. By swimming in the river during break times, they also realized that moving water deserves respect as it can be more powerful than they thought before.

The boys didn’t want to stop even after 3 hours, and remarked, “we wish we could raft all the way to the ocean!”, and “we want to try rafting again in bigger, rougher water!” (by Mr. Goldie)

 

先日、中学生の男子生徒数名が奥多摩で初めてのラフティングに挑戦しました。

パドルの使い方から学び、漕ぎ方の練習をして、川下りを始めます。
次第にみんなの息が合い、正しい方向に漕ぎ進むことが出来るようになりました。
途中では、川の中で泳ぐことも経験しましたが、
水流というものが、自分たちの想像を超え、尊敬に値するものだ、
ということに気がつくことができました。

3時間のラフティングツアーを終え、
「このまま海まで乗っていきたい!」「もっと激しい流れに乗りたい!」
などと感想を言っていました。

 

 

2016-09-23-08-14-21 2016-09-23-07-54-51 2016-09-23-07-54-36 2016-09-23-07-51-372016-09-23-07-51-01

Share CIS life:
  • Facebook
  • Twitter
  • Print